太陽光発電の設置のための料金

 

屋根の上に太陽光発電を設置したいという人は増えてきていますよね。でも、実際に導入するためにはどのくらいの料金が必要になるのでしょうか。太陽光発電を設置するためには、大きく分けると3つの費用が必要になります。まずは太陽光発電の機器や部材などの費用です。

 

太陽電池モジュールやパワーコンディショナー、架台、接続ケーブル類など、いろいろな機材や部材が必要です。
]
次に工事費用です。工事は主に、屋外で屋根に太陽光モジュールを設置する工事、室内でパワーコンディショナーなどを設置する電気工事、さらにパワーコンディショナーと太陽光モジュールを接続する配管工事などがあります。最後に申請や契約などの手続きの費用です。

 

これらをトータルすると、一般的な家庭においては、大体150万円くらいの料金が必要になってきます。

 

もちろん、太陽光発電の発電量によっても、この料金は変わってきますが、150万円というのは、大体4KWの太陽光発電に必要な費用です。1kWあたりでは、大体38万5千円が必要と言われていますよ。ただしこれは新築の場合で、既設の住宅に設置する場合には、もう少し料金が必要になります。