車によって保険料に差をつける「型式別料率クラス」とは 

車種や型式により保険料を設定するのが「型式別料率クラス」と呼ばれる自動車保険制度です。

 

違う車種はもちろんですが、同じ車種であっても型式によって保険料に違いが生まれることもあります。

 

その車が事故を起こしやすいかどうかによって保険料の設定がかわりますので、例えばスポーツカーの場合だと格段に保険料が高くなってしまう場合があります。エアバッグの搭載状況によっても保険料の違いがでますので、同じ車種でもグレードが高くてエアバッグの数が多いものになれば保険料は当然低く設定されます。

 

型式別料率クラスは毎年変動するもので、その年ごとに保険料が見直されます。

 

全部で9つのクラスにわかれているのですが、スポーツカーや軽自動車は事故率が高いとされ保険料の高いクラスに、高級車などの安全性能が高い車は保険料の低いクラスに設定されています。

 

どのようにこのクラス分けが行われるのかというと、これまでの事故の記録を洗いだすことによります。どの車種の事故率が高いのか、逆にどの車種の事故率が低いのかを見極めて保険料が決定されています。