外壁塗装のかしこい見積の見方

 

外壁塗装のかしこい見積の見方は、見積書の内訳の見方がポイントになります。大切なのが、どの部分にどのくらいの費用がかかっているかです。この辺を見積でチェックすることが重要です。

 

外壁塗装の内訳を見ると、リフォーム会社への人件費が3割、塗装職人への人件費が3割、塗料養生費が2割、足場代が2割となっていて、人件費が大半を占めます。

 

要するに、見積書に目を通す時は、人件費に着目することです。

 

人件費があまりにも安いと、塗装する人数を減らしてくる可能性があります。人数が少なくなると塗装の仕上がりが雑になるので注意しないといけません。人件費が安いからと言って喜んでいてはいけません。結局、手抜き工事となり、すぐに塗装が剥がれてくる可能性が出てきます。

 

そうなるといくら安くても、数年後にまた工事をしなければならなくなるので、結果的に高くついてしまいます。外壁塗装の見積を見る時は、後で無駄な出費が飛んで行かないよう、人件費が極端に安くないかチェックする必要があります。

 

しっかりとした仕上がりが期待できる業者を選ぶことが大事です。外壁塗装を見積する時は、必ず複数社から出してもらいましょう。一括見積サイトを利用して、複数社に見積を出してもらうのが賢明です。

 

外壁塗装のデメリット

 

外壁塗装のデメリットは、お金がかかるところです。

 

定期的なメンテナンスが必要で、そのたびにお金がかかってしまいます。永久的なものではないのも外壁塗装のデメリットになります。外壁は、日々、紫外線や雨、風などの影響を受けています。ヒビや割れがひどい場合、修復が必要になり、コストも高くなります。早めに塗装をすると家は長持ちしますが、永久に持つものではありません。

 

数年毎に外壁塗装をしていく必要があり、定期的に計画していかなくてはなりません。定期的な塗装を怠ることで生じる、外壁そのものの劣化こそが最大のデメリットで定期的に塗り替えを行わないと、外壁そのものが劣化してしまいます。

 

外壁塗装は、定期的に塗り替えを行い、外壁を保護することで外壁自体の劣化を防ぐことができ、はじめて建物全体の寿命を延ばすことができます。外壁の塗装がひび割れていたり、剥がれていたり、チョーキングが起こっているなど、劣化した状態で放置すると、雨漏りの原因になったり、外壁や外壁内部に腐食が起きます。

 

無駄な作業を提案する業者が中にはいるのも外壁塗装のデメリットです。悪徳業者にはひっかからないようにしましょう。

更新履歴